2006年09月11日

獅童おはらい済ませアニメ「デスノート」

7日、サスペンス漫画「DEATH NOTE(デスノート)」の原作者が銃刀法違反で現行犯逮捕が発覚、映画の撮影監督が急死した。日本テレビ系は10月3日からアニメ版を予定通り放送(火曜深夜0時56分)することを10日までに決めた。映画版同様にリューク(死神)役で出演する歌舞伎俳優の中村獅童(33)ら関係者はすでにお祓(はら)いを済ませているが、不祥事に不幸が重なり、緊張感が高まっている。

 名前を書かれた人は死ぬというデスノートをめぐるサスペンス・アニメだけに、放送直前の不祥事と不幸は関係者にショックを与えた。7日、原作者の小畑健容疑者が、銃刀法違反の現行犯で逮捕されていたことが発覚。都内の路上でアーミーナイフを所持していたためで「反省している」と容疑を認め、すぐに釈放された。その日、映画版の撮影監督だった高瀬比呂志さんが脳梗塞(こうそく)のため、50歳で亡くなった。アニメ版にはかかわっていないが、今年公開の劇場映画版を支えたスタッフの早すぎる死だった。

 アニメ版を担当する中谷敏夫プロデューサーもショックを受けた1人だ。「死を扱うテーマですから、事件、事故に見舞われることもあるだろうと、厳粛に」と、声の収録が始まった先月24日、都内の神社で獅童ら出演者、スタッフ50人以上がお祓いをしたばかりだった。

 原作者の逮捕ということもあり、放送開始について局内で確認したが、「予定通り」の結論が出された。単行本累計は1400万部を超え、映画版の続編が秋に公開される話題作だ。同局は三十数社の競争から放送権を獲得し、深夜とはいえ、最近では異例の3クール(来年6月まで)の放送枠を確保した。キャストも獅童のほか人気若手声優の平野綾(18)現役高校生モデルの工藤晴香(17)ら多彩な顔触れをそろえた。“不吉な予感”だけでは後には引けないのが実情だった。

 現場のよりどころになっているのは獅童の奮闘だという。人気俳優が声優を務める場合、日程の都合で自分の場面だけ録音することが多いが、10月開幕の新橋演舞場の舞台「獅童流森の石松」けいこの合間を縫い、共演者と同時収録を心掛けている。「芝居は相手との掛け合いがないと演じられない」の言葉が、現場の一体感を生んでいる。

 獅童にとって同舞台と同アニメが、飲酒運転による不祥事からの復帰作なのは皮肉だが、役柄とともに鍵を握る1人になっている。



(日刊スポーツより)


====================


先日から騒がれている、デスノート関係者への連続した不幸ですが、怖いのはこれになぞらえて好奇心から本当に殺人が起こらないかということです。
それから小畑健氏が捕まったことにより、しばらくは新連載もないだろうなというのが切ないです(´・ω・`)シュン


posted by 4℃ at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。